知りたい・聞きたい

  1. ホーム > 
  2. 知りたい・聞きたい > 
  3. ダンプドライバー体験記#2
ダンプドライバー体験記#2
荷主さん最優先!!!!気合と根性の20代。 メガホンならではの裏話・第2弾!!!!
ドライバー,道路,混雑,QR,ルート

ドライバーの働き方

労働時間の取り締まりが・・っていうのはどこでも話題になりますけど、
ドライバーは「どうしてもこの日までに」っていう荷主さんの時間指定が最優先なのでどうにもならないことも多いんです。

都内でダンプドライバーしていた時なんかは、捨て場によっては距離がめちゃくちゃ遠かったりするんですけど、
決められた時間の中で4往復しないといけなくて、もう時間との闘いでした。昼メシなんて食ってる場合じゃない。

だからスピード違反しちゃう人も多いし、事故起こしちゃうこともあるんですよね。
何やっても間に合わないんですけど、会社にお金が入ってこないからやるしかない。
で、やらないと会社にクレームが飛んできちゃうんです。「あいつ3往復しかしないで帰ったよ」って(笑)

コンビニがチェックポイント

地方から東京に出てきて入った会社が、ナビ使っちゃダメっていう謎のルールがあって。
昔ながらの人がたくさんいて、ナビは一般的なルートしか出てこないから都内の現場は地図で覚えろ!と言われていました。
なので必死で地図を見て、地理を覚えられたのはやっぱりよかったです。

都内の現場で「ここを走る」ってルートを考えると、一緒にインプットされてる、
トラックが停められる駐車場のあるコンビニがパッと浮かびますね。
で、行くとだいたい仲間もみんなそこで待ってるんです(笑)

求人情報と入ってからのギャップ

どの職種・どの会社でもあり得る話かもしれないですけど、求人に「有給休暇あり!」って書いてあっても
実際は取れなかったりすることもあるんですよね。もう「有給」っていう言葉自体が使えなかったり(笑)、
給与も「日当いくら」のことが多かったので残業の概念がなくて、手当も当然つかないこともあったし。
どういう給与計算してんだ?って思うこともありましたね。
明細は一応出るものの、月で変動するわけでもなかったのでその時は見てもいなかったんですけど。

勤怠管理も結構適当だったりして、デジタコ抜かれて運行管理上の記録をごまかされた経験もあります。
当時は気合と根性で頑張りましたが・・さすがの20代でもきつかったですね。
運転するとなると命かかってるので気も抜けないですし。
でもそれこそ入るまで分からないんですよね、こういうのって。
面接で直接聞きづらい「実際どうなの?」を事前に解消!
気になるところは紹介や応募の時点で確認。転職メガホンでは社員の方の実際の働き方をお伝えして、ミスマッチを防ぎます!