知りたい・聞きたい

  1. ホーム > 
  2. 知りたい・聞きたい > 
  3. 運送会社体験記#1
運送会社体験記#1
メガホンならでは!大手運送会社での管理・営業を務めた方の体験記!
ドライバー,運転,トラブル対応,現場

24時間対応!激務の2年間

運送会社の営業所で、自動車メーカーの工場への人の派遣や、自動車部品を運搬するドライバーの管理をしていました。
私の担当する営業所には70~80人が在籍していて、昼夜交代で常に人が動いているのですが、人が多い分トラブルも多い。
工場で製品を倒しちゃったとか、部品をサプライヤー(部品メーカー)から工場に運ぶ時に壊してしまって結果的に生産ラインが止まっちゃったとか、そういう連絡がたくさん入ってくるんですよ。
自動車メーカーとの間に入っていた会社の所長さんが顔のきく方だったので、お詫びの何かしらをお渡しして収めていただいて(笑)。

でもトラブルの内容どうこうより、それが24時間稼働していたことが大変でしたね。
夜中でも平気で電話がかかってくるので、トラブルが続くと「やっと終わった~」と思って日付が変わるころに家に帰って、
寝ていたら2時頃連絡が入って、また営業所に戻るみたいな生活になることもありました。
今だから言える話ですが、居眠り運転して信号無視したことなんかも・・・。
それを2年間くらい続けていました。まだ体力に余裕ある頃でよかったです(笑)

荷主さん最強説

こちらがお願いして仕事をもらってるわけだから当然なのですが、荷主さんがやっぱり強い業界。
荷主さんからしたら依頼先はたくさんあるので、年下の若い人に「やってくれたなあ」なんて言われても頭下げるしかなかったり。
本来請け負っている「作業員の派遣=人工(にんく)の貸し出し」以外のことも何でも押し付けられてしまうくらいのパワーバランスのところもありました(笑)
もちろんいい荷主さんもいますし、私自身もあまり気に病まない性格だったので幸いでしたね。

ブラジル人の部下とのやり取り

私が勤めていた営業所がある地域は、なぜかブラジル人が多くて。気になって調べてみたら、そういう地域っていくつかあるんですね。
実際、営業所に在籍していたメンバーにもブラジル人の方が何名かいました。
日本語が上手でいい人ばかりで、「○○サン、チョットイイデスカ~~」って言われて、よく色んな話を聞いてました。
中には日本語にまだ慣れていない方もいるので、「一緒に喋ろう」って別のブラジル人の方に通訳に入ってもらって。
業界ならではかもしれませんけど、お給料の前借りの相談とかね(笑)

トラブルの原因の核心に迫るための「Why」

課題解決,問題解決,トラブル対応,再発防止
まずはとにかくすぐに現場に行っていました。
事故がなぜ起きたか、どう対応するか、対応できたら次は再発防止のためにどうするのか・・・と荷主さんに詰められて(苦笑)。
この業界に限ったことではないですが、例えば何かの確認を怠ってしまったとして、その確認を忘れないためにどうしたらいいのかを考えなくてはいけない。「頑張る」とか「努力する」はもちろん通用しないので、物理的にその問題がきちんと解消できる方法は何なのか、それもまたなかなか許してくれなかったりして・・・。
でもドライバーや作業員と「なぜそうなったか」を繰り返して核心に迫っていく積み重ねの中で、学んだことは多いです。
転職メガホンでは入社後のミスマッチをぐため、求職者様それぞれの適正、ご希望に合った企業をご紹介します!
お気軽にご相談ください!